海外在住者の一時帰国での免税店の利用法

かつては海外旅行先や空港内でしか見なかった「免税店」。日本を訪れる外国人が急激に増加していることや中国人観光客が日本で大量に商品を購入する「爆買い」が注目されるようになり、インバウンドという言葉とともに日本国内でも見かけるようになってきました。

 

一時帰国の日本人も免税の対象となるのでしょうか?せっかく免税店が身近に増えてきたのですから利用法を知っておいても損はありません。

「タックスフリー」と「デューティーフリー」

そもそも一口に免税といっても何の税金を免除してもらえるのでしょう。また、免税店はどこも同じなのでしょうか。「消費税を免除?」「関税の免除?」といまいちわかりづらいものとなってしまっている印象があります。

 

デューティーフリー= 本来「duty」とは輸入物品に課せられる税金、つまり関税のことです。

 

実際には、関税以外にも消費税、酒税、たばこ税などの諸税が免除されます。『出国手続き後の空港内出国エリアは制度上日本国外→だから日本の税金が課されない』と解釈されていますが、海外では街中にもありますし、日本でも空港以外にも若干ではありますができてきました。元々、高級店が多いですがブランド品や酒・たばこが特にお得に買えます。

 

タックスフリー= 消費税のみを免税 

街中で外国人向けに急激に増えてきたのがこのタイプのお店。「非居住者」であれば国籍は問いませんので一時帰国の日本人でも利用OK。消費税は(日本国内で)消費する品物にかかる税金ですので海外で使用する分には免税との考え方。化粧品をはじめとした消耗品は国内で使うことが出来ないように専用の袋に入れます。マツキヨやユニクロ、ヤマダ電機など庶民派のお店が多く消費税分8%安く買えるのであれば探していく価値はあります。

 

海外在住者の一時帰国でも使ってる???

利用条件に細かい規定があり使うことをためらっている方もいるようですが、もったいないです。

簡単に言えば、条件は2つだけ。

 

・既に2年以上滞在もしくは2年以上の滞在予定がある

(予定は自己申告ですし、海外赴任であれば期間も関係ないです。)

・一時帰国滞在が6ヶ月以内

 (半年以上滞在すると非居住者とは認められません。)

 

特に難しいルールは無いが、入国ゲート利用の際は注意。

・買い物の際にパスポートを持参する

・1店舗5000円以上購入する

・購入商品は海外に帰国するまで開封しない

・パスポートに添付された購入記録表を審査係官に提示

入国スタンプだけは気を付けたほうがいいです。入国時自動ゲートを使うと押し忘れます。
ゲート通過後、必ず係員に申し出てスタンプを押してもらいましょう。
 

実際、どこにあるの?

https://www.taxfreeshops.jp/ja

上記のページでショップをエリアごとで検索できます。

ビックカメラ、ドン・キホーテなど品揃えが売りのお店や百貨店、ショッピングモール、アウトトレッド、などお店が集まる場所が多いです。

 

・ユニクロ・ビックカメラ・ヤマダ電機・ドン・キホーテ・マツモトキヨシ・イオン・アウトレットモール・酒々井プレミアム・アウトレット・沖縄アウトレットモールあしびなー・小田急新宿・京王百貨店 ・東武池袋・東急プラザ銀座・松屋銀座・ルミネ新宿

 

出国前に買い物アンド日帰り温泉 酒々井アウトレット

https://www.premiumoutlets.co.jp/shisui/

 

最後に地元の宣伝を・・・酒々井アウトレッド。名前は聞いたことがあるが行ったことは無い。そんな人が多いのではと思いますが、高速のインターを降りてすぐにありますので成田空港から専用バスで15分、東京からも高速バスで50分で着きます。タックスフリーでの買い物はもちろん、道路を渡った反対側には日帰りのスーパー銭湯もあり出国日のフライト時間の調整にぴったりです。

是非、お越しください。