どうしてトータルコストが安くなるのか

海外向け私書箱は定期発送が主流です。海外にいてもそれほど時間差をおかずに郵便物をお届することが良質サービスと考えられているためです。

定期発送は急ぎや重要な郵便物が多い、日本で商品購入を頻繁にする、発送依頼する手間が煩わしいという場合にはとても有効な方法です。ただ、全ての方に必要かというと大きな疑問が残ります。 最大の理由は発送コストです。年間となりますと多額の費用負担となります。

 

 

弊社での海外発送の状況は下記の表のようになります。 複数のコースがございますが、海外発送で主流とされる定期発送(Jマンスリ―)のご利用率は5%程度です。

余り日本に一時帰国されない方、ネットショッピングで商品購入した際に手紙も同梱してというケースでも年に3~4回が中心となります。平均でも年2回には満たないです。

約半数の方は国内発送のみ、もしくは急ぎのみ海外発送という利用法で空輸費用のコスト削減に成功されております。

WEB確認+無期限保管+オプションの優位性

Web確認(写真撮影)

Web確認の利用で海外発送が必要となるケースは間違いなく少なくなります。写真だけでもある程度は急ぎかどうかの判断はつきますし、オプション利用で対処する事も可能です。作業が済んだら定期的にすべてを破棄するという利用法も珍しくは無くなりました。一時帰国の際に溜った郵便物の対応で限られた時間を使いたく無いという考えもあるようです。

もっと詳しく⇒Web確認

 

無期限保管

Web確認を最大限活かす為には、無制限保管が必要です。

「必要だけれども急ぎではない郵便物」でも保管期限がありますとその時点での滞在先等への発送という縛りが出てきてしまいます。「必要なタイミング」で発送する為には保管の期限が無制限であることがベストです。逆に申しますと「必要のないタイミング」での発送は費用を有効に使用しているとは言えません。

 

弊社では多くの方がコストを抑えることができる一時帰国をタイミングの中心にされています。急ぎの手紙が到着した時や買い物した時は海外発送をしても時間に余裕があるときは国内発送まで保管を続けられます。弊社をご利用頂いた場合、海外在住だから海外住所に発送という事にこだわる必要はありません。

 

豊富なオプション

急ぎの郵便物を海外発送したが、その途中に返信や支払いの期限を迎えてしまうという事は珍しくありません。まずは、スキャンで中身を確認することも可能ですし、支払い代行、投函代行、代筆、書類申請サポートなどのオプションで対応することもできます。オプションの豊富さも海外発送の回数低減につながります。

また、弊社で対応できない場合も国内転送でご親戚にご依頼可能です。どうしてもご本人様しか対応できない場合には海外発送をご依頼ください。

 

破棄が有料なのも効果的です。

弊社ではお客様からの破棄のご依頼は有料となります。(基本料200円+30円*郵便物の数です。例:5通 200⁺30*5=350円)他社様では無料サービスのところもあるのになぜ?と疑問に思われるかもしれませんが、無期限保管の為に郵便物の数が多く作業内容が異なる為とお考え下さい。

  

実際、Web確認+無期限保管+オプションを有効利用され発送費用を節約されている方ほど破棄のご依頼は増える傾向にございます。一方で破棄が有料の為に不要郵便物の停止をされる方も格段に増えました。何度も有料破棄をするのであれば停止しようという自然に良い流れができ、有料破棄も発送回数の軽減にもつながっています。

 

 

もう一度トータル費用を比較ください

もう一度、一番上の表の年間の転送費用をご覧いただきたいのですが、アメリカへ毎月定期発送しますと発送費用だけで年間52000円の費用が必要となってまいります。

 

都度発送へ切り替えて郵便物を整理しますと破棄やスキャンにシフトされコスト削減に繋がっていきます。発送が弊社平均の半年に1度程度に減りますと10分の1から~3分の1まで大きく削減可能です。それほどWeb確認+無制限保管は強力なのです。

 

また、国内発送のみの利用が50%であることも注目して頂きたいです。海外滞在に慣れてくると同時に日本の急ぎの郵便物も減ってきますし、弊社サービスに慣れられますと海外発送自体しなくても対応される方も少なくはないと実証されています。破棄が有料であっても弊社のシステムはお客様に大きなメリットがございますことをご理解頂けますと幸いでございます。