すでに海外在住

日本の郵便物は半分諦めている?? そんな必要はありません。

住所変更が開始お手続きの一番のハードルです。

海外からはご自身で日本の住所変更を行うことが困難なケースが多いです。住所変更が開始お手続きの一番のハードルといっても過言ではありません。以下から、ご選択いただくという事を予めご承知おきください。

 

・一時帰国のご予定があるのであればご自身で対応されるのが一番です。

・知人にご依頼される場合、弊社でも資料をご用意いたしております。頼みごとをしなくてはならないという点がネックとなります。

・弊社サポートなしでは困難と感じれれるケースではお申込み前に個別のご相談をもお受けいたします。ご安心ください。

 

お知り合いにご依頼していた方こそ弊社の利便性を実感できます。

当初考えていたよりもすでに海外に住まわれている方からの問い合わせも多いです。1年を経過した位でそのような時期が来るとのお話をよく耳にします。手紙を預かるだけと気軽に話を決めてしまったが、付随する作業は意外に多いものです。私書箱は費用が掛かるので慎重なご決断が必要ですが、精神面、実務面でご負担が軽減されることはお約束いたします。「初めから私書箱を利用しておけばよかった。」とのお言葉もよく頂戴いたします。

 

実務面

到着郵便物が写真で確認できると不安は大幅に減少されます。知人に郵便物の受け取りをお願いしているが、受け取ってはもらえているが急ぎなどの郵便物が来ていないか等、状況がわからず困っているというのは海外在住者あるあるです。

親しい間柄で差出人の連絡まで頼める場合でも開封や支払いはプライバシーもあるので躊躇することも多いようです。手元(海外)まで送ってもらうという選択を先ずされますが、費用がかさんだり必要な手続きの期限が過ぎてしまっていたという事も普通に起こります。

 

弊社のオプション(スキャン、支払い代行)利用で簡単に対処できてしまうことも多いです。「急ぎの対処が必要」な郵便物は驚くほど減り、海外への郵便物転送に費用をかけることも少なくなります。実際に弊社会員様の半数は海外転送はすることなく一時帰国の際の国内転送のみで対処できております。

 

ただし、オプションの多用は避けましょう。実際にご利用いただくと今までやってもらえなかった様々なオプションに利便性を感じて頂くことも多いです。何度も使うと気軽に利用できるので癖になる傾向があります。弊社としては大歓迎ですが、オプション費用が掛かかる点はご注意いただきご活用ください。

 

精神面

頼みごとを重ねて気兼ねを感じたり、プライバシーが守り切れない事に不満があったりすると、それにより我慢している事がストレスとして残ります。一方、同様に相手も言い出せないことがあるかもしれません。依頼している側で配慮することも必要です。

「いつまで預かるの」と聞いてくることがあるようでしたら重荷と感じているサインです。互いに相手に要求があるのに言い出せないようなことが出てきている感じがしましたら再検討の時期かもしれません。頼みごとでの気まずさを避けるという事は私書箱利用の大きな利点となります。

 

また、わからないことが出てきても受け取りをしてくれている相手から質問されても、疑問点はご自身で解決しなくてはなりません。私書箱業者に聞けばいいという立場に変わると非常に気が楽になります。まかせることで心配事をなくすことも精神的に安定が図れます。いわゆる「任せて安心」ということです。