ご家族様の分は追加料金無料です。

 

追加料金なしでご家族様の郵便物もお預かり可能です。

弊社は、お預かりしている郵便物を苗字にて管理しております。そのため、ご同居同じ苗字のご家族様は同じ私書箱で管理いたしますので追加料金なしの無料でご利用になれます。 ご家族様は登録料として最初に1000円/1名のお支払いをお願いいたします。

 

 

子供だって手紙はうれしい

国内の私書箱は個人・法人契約が主流となります。家族にも内緒でというケースが多い国内で、家族契約で利用というのは非常に稀です。個人契約ですと弊社と同じ料金体系だとしても人数分だけ費用が掛かります。必然的に子供の分は契約されないことも多くなります。でも、小さなお子様は自分宛の手紙をとても喜びます。無料でしたらそのような迷いは必要ありません。自身の経験で個人契約は不満でしたので家族単位での契約を始めました。海外専用私書箱ならではのご家族向けのご好評頂いているサービスです。

 

追加費用の掛かるケース

お申し込みの代表者様以外の宛名の郵便物は追加費用が掛かります。登録料のみで月額費用は無料のケースとオプション契約として月額の費用が加算されるケースがございます。

登録料

登録人数が増えましても月額費用には影響ございませんのでご家族様は最初に全員ご登録くださいませ。未就学児、亡くなられて年数の浅いご家族様でも到着の可能性がございます。その様なケースも含め全員分登録が必要となります。「登録なし」=「弊社に到着する郵便物はない」とお考え下さいませ。

 

オプション契約

下記のケースはオプションとしてプラスでのご契約となります。

・法人名義、屋号名義

弊社とのご契約は個人使用が前提となっております。会社関連の郵便物を取り扱う場合には追加の契約が必要です(1000円/社名・月)。複数の会社をご利用されます場合は、会社毎に追加契約が必要となります。なお、お取り扱いは宛名のみならず実際の使用状況に即します。下記のケースは追加契約のお取り扱いとしての範疇に入る例となります。

 

・社名と個人名が併記されている場合

・宛名が個人名でも中身が会社関連の郵便物の場合

・会社関連の郵便物でオプションをご利用したい場合(投函代行、支払い代行等)

 

・別姓、旧姓、ペンネームなど

同一人物であってもご契約者様と異なる苗字の場合、ご家族契約の枠には収まらず追加契約となります。(600円/苗字・月) 別姓は別管理となり追加費用は掛かりますが、それでもご家族契約は個人契約に比べお客様のメリットは大きいです。何卒、ご理解頂けます様、お願い申し上げます。
なお、ご本人様のみ1名でご利用の場合はご家族契約が逆にマイナスとなってしまいますので別姓・旧姓・ペンネームの内1つを無料で追加対応させて頂いております。(法人は不可)

 

・異なる住所(日本在住)

弊社は海外在住者様限定でサービスを提供させて頂いておりますので日本在住者の方のご利用はお断りさせて頂いております。ご本人様が海外在住でもご家族様が日本在住の場合、ご契約はご本人様のみでご家族様は含まれません。(家族契約の条件でも同居は必須です。)ただし、やむを得ない理由(ご家族様が高齢で入院中のため郵便物の管理をご本人様がしなくてはならないなど)と判断させて頂いた場合のみ追加契約(+600円)が可能です。 ご家族様の関係者からの問い合わせがある場合がございますので必ず事前にご相談くださいませ。

 

未登録、未契約

未登録及び未契約の宛名の郵便物は登録外郵便物として一定期間保留したのち返送及び破棄として対処いたします。弊社免責はもちろんですが、お問い合わせに対してもお返事ができないとお考えくださいませ。

弊社では(多数のご要望により)宛名における社名と会員番号の記載がございません。ご連絡のない宛名は現実的に対応ができないとご理解くださいませ。

追加登録・登録削除

ご契約時のご家族登録費用は1000円/名ですが、追加登録は1500円/名です。登録漏れにご注意ください。なお、途中から郵便物の管理が不要となった場合も念のためにお名前は残しますので登録削除のご連絡は不要です。

 

オプション契約の追加・解除

オプションで契約されているお名前はご自由に追加・解除できます。旧姓などで登録を悩む場合は一定期間様子を見られたり、その間に差出人様にお名前の変更を依頼し不要となりましたら解除頂けます。なお、未契約の宛名に対するお問い合わせは対応いたしかねますのでご注意くださいませ。

 

迷惑行為・契約解除

重ねてのご案内となりますが、弊社に到着する可能性のある宛名は全て登録もしくはオプション契約くださいませ。例えダイレクトメールであっても到着した時点で弊社での作業は発生いたしております。特定の宛名の郵便物は全て不要だとしてもお客様の郵便物であることには変わりありません。未契約の宛名の郵便物が不要な場合、必ず転送停止のお手続きをお願いいたします。

繰り返して未契約の宛名の郵便物が到着する際には弊社で住所変更し費用をご請求させて頂いたり、契約解除の申し出をさせて頂く事がございます。