Jポストでのお荷物利用

Jポストは弊社コースの中で唯一小さいサイズ(B4/8cm)です。お手紙専用として費用を抑えた節約コースとしてサービスを提供させて頂いております。最初は不要と考えていたがネットショッピングも利用したい等のご要望は、他の通常サイズのコースへ変更頂く事でご利用可能となります。Jスペースが一般的です。月額600円のプラスとなりますが、140㎝サイズと大きな私書箱となり一時帰国までの郵便物の長期保管などご利用の幅は大きく広がります。なお、コース契約の為、臨時的な変更はできません。再変更は6か月の間隔が必要となります。

 

臨時対応できるもの・できないもの

Jポストの基本はお手紙のみのコースです。対応可能であっても臨時・例外とご理解ください。また、サイズオーバーの場合は3日以内の即時転送が必要です。

・臨時対応可能

・書類に予想外の小物が同梱されている(ボールペンなどの販促品)

・お知り合いの方からの予期せぬ贈り物が届く

・一時帰国中の買い物がゆうパック配達で転送されてしまった

・コース変更必要

・ご自身で商品を購入

・(贈り物であっても)お荷物が同時期に2つ以上届く

・即時転送ではなく長期保管希望

・定期購読に付録が付いている

 

荷物の単発利用はできないのか?

過去に弊社ではJポストでの単発転送の対応も行っておりましたが、1度ネットショッピングをされますと多くの場合は繰り返しご利用されます。そして色々とご要望も出てまいります。

また、他のコースで料金に含まれている費用(インボイス作成費用やおまとめ梱包等)も別請求となりコース変更よりもコストアップになってしまう事も多いです。何より「Jポストだから」「単発利用だから」とお断りするオプションもあり、誤解を生じやすく、不便と感じられることも出てまいります。使い勝手の良さも私書箱ならではのサービスと弊社では考えております為、コース変更で分かり易く統一させて頂いております。

自由なご利用が私書箱の特徴

転送会社様はお荷物の海外転送に特化しております。一方、私書箱サービスはお荷物を転送するだけではありません。付随する様々なご要望やスペースを最大限自由にご利用して頂く事も目的です。実際、Jaddressの特徴の半分はお客様のご要望で取り入れたものですので、文字だけではお伝えしきれませんが「あってよかった」と実感するものが多いです。

下記は転送サービス会社様とJaddressとの違いとなります。転送会社様の内容はあくまで平均的なサービスとお考え下さいませ。各社独自の特徴やルールもございますのでご注意ください。

*紛失、破損、返送対応の問題がありますので①保管の際に複数の箱の中身をまとめる②1つの箱の中身を転送と保管に分けることは出来ません。開封した箱は転送とお考え下さい。

他社様との使い分けも問題ございません

「余計なオプションは必要ない。」「転送は今回だけで今後はしない」とのご要望の場合は海外転送専門の業者様との併用も問題ございません。お手紙は弊社、お荷物は他社様とお使い分け下さるのも一つの方法です。私書箱サービスと転送サービスは異なる部分もございますので弊社ではお客様がご都合に合わせてご選択されることを第一と考えております。

 

節約コース(Jポスト)からの変更は月額費用のアップが最大のネックとなりますが、通常コースではおまとめ梱包や無期限保管など通常有料オプションとなる費用も含まれております。また、実際にご利用して頂きますと私書箱の自由度・利便性もお感じ頂けると思います。今後のご予定も含め、弊社オプションが必要かどうかでご判断頂けたら幸いです。